モネの絵画のような‥

imageimage

お伺いした内覧会での風景‥

吹田市千里山で4月にご開院された”いわな整形外科”様の内覧会です。

整形外科さんの内覧会らしく、いらっしゃった地域の方々はリハビリ室のベッドに腰掛けながら、

『腰痛がひどいのよね〜』

など、早くも症状のご相談をされていました。

忙しくご対応されている先生にご挨拶させて頂いた折、先生からリハビリ室の床材がモネの作品みたいでとても気にいってるんです!と改めて好評頂きました。

この床材、東リさんという内装メーカーのGX-8500という製品で、凹凸感も豊かに自然の風景をイメージしたもの。

しかも大規模商業施設でも使えるような、耐ヘタリ性や耐摩耗性、耐荷重性も考慮している優れものです!

少し営業トークになりますが‥

”床”は内装に占める面積も大きく、空間の印象をとても左右する内装です。

タイルカーペットは改装時の貼り替えも、他の材料に比べると、工期も短く済む傾向があります。水廻りには不向きな面がありますが、足元も暖かく、転倒時のケガ予防にもなり、昔に比べて耐ダニ加工もしっかりされているので、衛生的にもお勧めです!

岩名先生、ご開院おめでとうございます!

今後共、宜しくお願い致します!

Posted in ALL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です