営業の鈴坂です。

営業の鈴坂です

 

人生で初のブログです。

 

数年前の夏、我が娘が3歳になった頃、私も幼少期によく網を持って魚を採りに行って楽しかった思い出があり、ふと子供にもそういった思い出を残してあげたいと思いました。

(本音は「オレもまた魚が採りたいな~」との思いが80%くらい入っていました。)

しかし平成の真っ只中、大人が川で魚を採る姿は少し恥ずかしく、子供をダシに「公式」に魚を採る会に所属したいと思い、少し調べると地元の寝屋川市にとてもマッチした会があり、早速参加することにしました。

その名も「水辺に親しむ会」。とても曖昧なネーミングですが、淀川の複流河川に入り、魚の種類・個体数・サイズの推移を調査する、とても素敵な会です。

http://mizube.gooside.com/

 

下記URLから初参戦の模様が記録されています。

http://mizube.gooside.com/sagan211018/sagan211018.html

 

そんな娘も10歳になりますが、未だに参加してくれていまして、子供の友達家族も一緒に加わってとても有意義な経験ができております。

 

余談ですが、当会は17年目になりますが、これほどしっかりと一つの河川を長期に調べる会は日本中どこにもないとのことで、色々なところから環境に対しての助言を求められ、とても大事な会となっています。

種の多様性の大事さや、環境問題の勉強会もやっており、子供たちが少しでも将来を考える時間や、環境保全の大切さを学んでくれれば幸いと思っております。

もし、このブログを読んで参加したいな~と思われる方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。午前中に魚を採るのですが、網やウェーダー(子供用もあります)も貸し出ししていますので手ぶらで大丈夫です。また、魚に触れたり、川に入ることは絶対条件ではありませんし、普段見ることのない色々な川魚を間近で見るだけでも結構楽しいと思います。午後の勉強会の参加も自由です。

少し会の宣伝になってしましまいたが、次の春の例会は桜の散り際の季節です。

花見がてら家族連れでご参加、如何でしょうか?

 

突然ですが問題!

下記はオイカワという魚で結構どこにでもいますが、

どちらがオスかわかりますか?


 

 

oikawa26

 

 

 

正解はどちらもオスです。

上は通常の銀白色、下は夏の婚姻色です。

地味なイメージの川魚も結構美しいです。

Posted in ALL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です