検査会社のラボを見学してきました!

Facebook友達である検査会社の営業の方が、「一度、ご挨拶に伺いたい」とのことで来社され、「新規開業の際にご紹介を頂けないでしょうか?」との話をお聞きした。

新規でご開業されるドクターの場合、開業コンサルタントさんが絡む場合が多いので、検査会社さんのご紹介は私達のような建築業者が行う場合は少なく、開業コンサルさんが紹介される場合が多い。そこで、私は開業コンサルさんをご紹介しようと思ったのだが、開業コンサルさんも、現時点で紹介されている検査会社さんもあるであろうから、そこに割って入るのは難しいのではないかと言うお話をさせていただいた。

検査会社の営業の方に「御社は他の検査会社と比べての強みなどはございますか?」と質問したのだが、「素早く対応する」とか「細かに対応する」とか、一般的な答えが多く、どうやってご紹介をすれば良いのか、全くイメージすることができなかった。話を進めて行くうちに、よく考えれば、僕は検査会社が何をするところなのか、どのような仕組みなのか…などを殆ど知らないことがわかってきた。(まぁ、建築会社がそんなことを知らなくても良いと言えばそれまでなのですが…。)そこで、その営業の方にお願いして、検査会社のラボを見学させて頂くこととなりました。

 

見学させて頂いたラボは姫路にある「株式会社兵庫臨床検査研究所」さんです。

 

 

 

 

 

 

建物は新築されたばかりで、何もかもが新しかったです。

 

 

 

 

当たり前の話だと思っていましたが、クリニックが終了した際に営業の方々が各クリニックにまわり、血液などの検体を集めて回るのですが、営業さんが一人で集めて回る件数が20~30件ほどとのこと…。短時間にそれだけの数のクリニックをまわるのにびっくりするのと同時に、事故や渋滞や急なアポイントなどの不可避のトラブルが発生しても、営業さんの間で連絡を取り合って、時間内に全てを回収に回っているそうなのです。当たり前なのですが、びっくりさせられました。

ちなみに写真は回収された検体を集める場所です。

 

 

 

 

ラボにはたくさんの機械があり、検体の検査を行なっています…まるで工場。

思ったよりもラボで働いている方々が少なく、そんなにバタバタしている印象が無かったのですが、実は臨床検査技師の大半の方は出勤されるのは夕方から夜くらいだとのこと。

営業の方々が各営業所に回収してきたものを、ラボに集め、そこから検査がはじまるので、ラボにお勤めの臨床管理技士の方々の多くは夜勤になるとのことでした。

 

 

朝方の3時くらいまで検査を行い、検査結果を持って、営業さん達が各クリニックへ届ける…

僕は知らなかったのですが、僕がクリニックで採血して頂いた検体は、その日のうちにラボに届けられ、夜に検査が行われ、次の日の朝にはクリニックに検査結果が戻ってきていることが多いとのことなのです。

 

 

 

臨床検査技師の方々は、女性の方が多く、こんな感じの生活をしていることから、独身の方が多いとのこと…「そんなに早く結果が必要なのですか?」と質問したところ、「大学病院などのラボを持っている病院では、検査結果が2~3時間ででるので、その環境で育たれた方は、次の日でも遅いと感じられるのです」…とのことでした。

僕らが「当たり前」思っていることを、当たり前にしてくれている裏ではたくさんの方々がそれを支えてくれているのだと実感させられた見学でした。

株式会社兵庫臨床検査研究所の皆さま、この度はどうもありがとうございました!

 

3 thoughts on “検査会社のラボを見学してきました!

  1. 私もいくつかの検査会社から依頼を受けて、ドクターのご紹介を行っていますが、実際にラボを見に行ったことはなく、お話を伺っているだけです。
    長渡さんの見に行こうという姿勢に感動です。
    私も見習っていこうと思います。

  2. 相松さん、コメントありがとうございます!
    私も、「見学に行く!」と言って、時間があけれたのは、2か月後くらいでしたが、実際に行ってみると知らないことが多く…とは言っていても知ったからと言って、直接、仕事に関わることでもないのですが…でも、やっぱり、勉強になりますし、自分のルーチンな発想を変える引き出しにもなるかもしれません。
    まぁ、そんなに難しいことを考えなくても、社会見学気分で、楽しく行かれることをお勧めしますよ!

    1. 兵庫臨床の東山です。この度はお忙しいところお越し頂きまして誠にありがとうございました。検査会社の業務を詳しくブログでご案内して頂き感謝しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です