設計施工事例:岩本医院(大阪府摂津市)

大阪府摂津市に2002年5月移転された内科・整形外科です。

元々、他の設計者が入って打合せをされていたのですが、「なかなかまとまらない」、「思っているような図面を描いてくれない」と言うことで、調剤薬局関係の方からのご紹介で、ご相談をお聞きすることとなりました。

先に入っていた設計の方の考え方は「病院の設計」のような考え方で、一般的なクリニックでは“使いにくい設計” と思われるものでした。(病院のような設計とクリニックの設計の違いは、設計セミナー http://compass-co.com/seminar/index.html でお話させて頂いております。)

元々、1日に180~200人くらいの患者さんが来られていたクリニックでしたが、前の設計事務所の設計では、140坪くらいの大きさで設計を行っていましたが、コンパスの設計では部屋の大きさや収容人数は殆ど同じなのに100坪程度の面積でおさめました。

急に決まったお仕事でしたので、打合せが深夜におよぶことも多く、それだけに、先生にも、スタッフにも、患者さんにもご満足いただけるクリニックができました。

それまでにも、コンパスのクリニックの設計に対する考え方は、ある程度、まとめられていたのですが、岩本医院さんの設計と工事に関わることができ、「奇をてらわず、使いやすくて、無駄がない」と言うクリニックづくりの考え方が、より具体的にまとめられ、他社との差別化ができるようになったお仕事となりました。

今では、1日に300人前後の患者さんが訪れるクリニックとなっており、移転後、既に10年以上が経過していますが、少しづつ、拡張や変化を加えつつ、今でも、地域に愛されるクリニックとなられております。

http://compass-co.com/case/2002/200205_iwamoto.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です