清潔できれいなクリニックをつくるために…

私のFacebook友達であり、姫路で歯科医院の清掃を専門に行なっておられるクリーンワークスの小林さん、整理・片付けのコンサルタントの今蔵さんを弊社にお越しいただき、弊社の設計課スタッフと「清潔できれいなクリニックをつくるため」の意見交換会を行った。

以前より、私がクリニックの改装や移転のお話をお聞きする時に、クリニックの維持管理について、 “ 訪れる患者さん目線 ” で考えておられないクリニックも意外と多いことが気になっていた。特に清潔感や片付けの観点で言うと、患者さんがそのことにご不満を持たれているケースが非常に多い。
特に、きれい好きの患者さんにとっては、清潔感に欠け、片付いていないクリニックは、相当に居心地が悪いとのこと。

特に改装や移転のご相談を受けるクリニックでは、長年の片付いていない状態に慣れてしまっている傾向があり、患者さんが入られる部屋であっても、清潔に維持されていない、片付いていない…と言った状態が見受けられ、私も気になって仕方がないと言うのが実情だ。

設計の打合せをしていると、「収納が無いから」と言う話をお聞きすることが多く、「とにかく、収納をたくさんつくって欲しい」とご要望されるが、私が調べた限りでは、そうしたクリニックほど、収納に使われていないものが押し込められていたり、今ある収納を使いきれていないケースが多い。そんなことに問題意識を持ちながら、何とかならないものかと各方面で情報発信しているうちに知り合ったのがお二人…私は、お二人にお会いして事があったが、小林さんと今蔵さん、そして、弊社の設計課のスタッフは、今回、はじめてお会いすることとなった。

清潔な歯科医院を維持するために設計段階から、清潔に維持しやすい設計をしてほしいと考えていた小林さんが、診療室内に埃が少なくなる “ちょっとした” アイデアや歯科医院の汚れ方の特性、清掃の研究が進んでいるアメリカなどでは行なわれていて、日本では行われていない院内の清掃の考え方などをお話しいただき、弊社の設計課のスタッフもいつもと観点を変えて歯科医院を考えることができた様子。
小林さんともお話をして、今後はその知識や考え方を弊社ともコラボして、一般の医科のクリニックにも広げていきましょう!…と言うことに。

整理や片付けができていないクリニックについての今蔵さんとのお話では、単に収納を増やすことがクリニックの片付けには繋がらないと考えていた私の考えを確認し、院長先生自ら、あるいは、クリニック内で小姑となってもらえるスタッフをつくり、セミナーや講習を通して、考え方から変えてもらう必要もあるとの話になる。この話が、建築の話や設計の話かと言えば、違うような気もするが、今後はそれにとらわれないことも考えていかないといけないと実感した。

今後、継続的に意見交換会を行ったり、皆で清潔なクリニックづくりのためのセミナーやコンサルを協力してやっていこうと言う話になり、有意義な時間を過ごすことができた。

(今蔵さんのブログでもご紹介いただきました)
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=409767009113863&set=a.150504388373461.35577.100002417011736&type=1&theater

(小林さんのブログでもご紹介いただきました)

http://www.facebook.com/cws.kobayashi/posts/473526099379026?notif_t=close_friend_activity

風邪をひいて、クリニックに行く。

一昨日から、風邪をひいて寝込み、今日、仕事を休ませていただいた。
インフルエンザの可能性もあるので、近隣のクリニックに検査に行った。

近隣には、弊社が設計施工させて頂いたクリニックもあるが、私はできるだけいろんなクリニックに行くようにしている。
いろんなクリニックの良いところ、悪いところなどを見ながら、弊社のクリニックづくりの今後を考えるきっかけにするためだ。

今日行ったクリニックは、地元でも、比較的、患者さんが多い内科のクリニック。
朝の8時半に行ったのに、待ち時間が1時間半以上もあったが、この待ち時間の問題は何か解決の方法が無いものだろうか…
気になるのは、おじいさんやおばあさんが多いこと…
たいてい、こうしたクリニックの場合、働いている人達や時間の無い人達は来にくい。
クリニックは、おじいさんやおばあさん、お身体の不自由な方 “ にも ”  使いやすいようにつくるが、働いている方や時間の無い方が、気軽に通えるクリニックがあっても良いのではないかと思った。

このように患者さんの視点以外にも、クリニックの建築の専門家としても、見る部分が多い。
今日のクリニックは、恐らく、地元の工務店か建築会社が設計施工したものかと思うが、各所において、弊社の仕様とは明らかに違う部分があった。
「この部分に既製品のこうした商品を使うと将来的にトラブルが出るだろうなぁ…」とか、「この辺の動線、こうおさめたら使いやすくなるのだけどなぁ…」とか、「この材料、こう言うつくり方をしたら、もう少し安くつくれるのになぁ…」とか…やはり、私達は数をつくってきているだけに、一般の工務店や建築会社とは、一つ一つの部分の見方が全く違うことが自身で感じられた。

私達の中に貯めてきたクリニックや調剤薬局の設計や工事に対するノウハウを、もう少し、一般にも公開して行っても良いのではないかとも感じた。

日本により良いクリニックが増えるためにも…

設計セミナーWEBのホームページ公開をはじめました!

皆さま、こんにちは。 株式会社コンパスです。

これまで、facebookページにのみで公開させて頂いておりました設計セミナーWEBをホームページでも公開することとなりました!

弊社のクリニックや調剤薬局の設計は、皆さまから、「奇をてらわず、使いやすくて、無駄が無い」とご評価を頂いておりますが、設計セミナーWEBではその設計の考え方をシリーズの動画でご紹介させて頂いております。

下のリンクから、第1回をご覧いただけるようになっておりますので、是非、一度、ご覧ください。 弊社の雰囲気なども見て頂けるかと思います。

尚、第2回以降はメルマガの読者登録をしていただくことで、ご覧いただくことができますので、是非、ご登録ください!

http://compass-co.com/blog/?page_id=2

近畿総合装飾新入社員と食事

 

 

 

 

 

 

 

 

グループ会社である近畿総合装飾(近装)の新入社員&4月から入社予定の内定者、そして専務(弟)と食事。

29歳のK君。
昨年来、facebookでご紹介しているが、年末に職場体験をし、3月の技術専門校卒業を前に学校をやめて入社したいと言うことで、昨日から働き始めた。個性の強い先輩方に連れ回される毎日だが、一日でも早く仕事を覚えたいと言う。
22歳のN君。
現在、自衛隊に入隊しているが、年末に面接、「是非、入社したい!」と即断、4月から入社予定。今のところは、大人しい若者だが、国防などの話になると熱い想いを語る。
K君とN君は初めて会い、N君は、明日、社員と初顔合わせする予定だ。

お酒を飲み、まずは早く、今の社員の力になってもらえるように話した。
僕は平日でも、有給などの届けがあると、余程のことが無い限り承認する…が、普段ちゃんと働いていないと僕ではなく、仲間がそれを空気感で許してくれない。
僕は僕が承認するか否かは、どうでも良いと考えており、一日でも早く、皆が僕に「休ませてあげてくださいよ」とか「給料を上げてあげてくださいよ」と言ってもらえる社員になって欲しいと話した。それは、勤務時間の問題ではなく、気持ちと成果の二つによって判断されることだと言うことも解って欲しい。

明日の午前中は、僕・専務・K君・N君でオリエンテーション。
僕らの話とともに、小学生用の計算ドリルをやってもらう予定。
これは、彼らを馬鹿にしている訳では無く、利益感や数字感について、中学生で習う方程式のようなテクニック論で捉える前に、「つるかめ算」や「たびびと算」のように感覚的につかめるようになって欲しいからだ。
テクニックや How to を身に付けるより、先に感覚を持って欲しい。

今日は、昔から専務とよく行く蛍池の宮崎地鶏のお店で、美味しいお酒(八海山)を飲みながらのお話…。
雑誌やネットなどのグルメ情報やマニアの屁理屈のような知識を元に、頭で美味い不味いを判断するのではなく、自分の舌と心で判断できる仲間を増やしたい…と言うのは仕事も食べ物も同じだ。

ちなみに、左下の「冷や汁」、宮崎の夏の郷土料理だが、父と母が延岡出身の僕にとっては、亡くなったおばあちゃんを思い出すメニュー。
素朴で美味しいので、まだ食べたことが無い方、是非、一度、ご賞味ください。

<この記事は個人用のfacebookの投稿から転記しております>http://www.facebook.com/photo.php?fbid=410703092340541&set=a.130281637049356.31134.100002025607729&type=1&theater

電子カルテのショールーム “ MEDi Plaza OSAKA ” にて打合せ

長年やってこられたクリニックを移転するプロジェクトの設計を進めているが、話の中で新たに電子カルテを導入する予定であるとのこと。
ドクターはじめ、既存クリニックにお勤めの皆さんが、電子カルテで何ができて、どういう流れになるかが解りにくいようだったのでお連れした。

僕らの設計では目に見えるカタチや空間を描くことも重要だが、目に見えないこうした流れを理解し、その業務の流れを提案しつつ、デザインすることがとても大切。
新規開業のクリニックであれば、我々が考えるベーシックで使いやすい流れを提案すれば、大抵、受け入れて頂けるのであるが、既存クリニックや既存薬局を改装・移転する場合、そこで培われた独特な流れや癖がある場合が多く、それを配慮してデザインしなければならない。
残すべき流れや癖もあれば、この際に無くして、新しいモノやコトに変えるべき場合もある。
こうした仕事は、他社ではできないだけにやりがいがある。

しかし、このMEDi Plazaのスタッフの皆さんは凄い!
知り合って、もう10年くらいになるが、恐らく、日本で一番、電子カルテを売ってる方だと思う。何でも良く知ってるし、新しいモノを導入するのに不安をもっておられるドクターやスタッフの皆さんに優しく解りやすく説明されて、その不安を解消されている。

…僕らも見習いたいと思います。 (^_^)/

(facebookのブログより http://www.facebook.com/nagato.kazuhisa )

1月10日。十日戎。

専務&社員さん6名&うちの家族(妻・長男・次男)で豊中えびすへ
うちの長男は、3年くらい前までは「商売繁盛で傘もってこい!」って言ってたけど、今ではちゃんと解っているみたいで成長したなぁ…と言う反面、もうそんな間違いをしないのかと思うと寂しくなってしまった。

「『商売繁盛で傘もってこい!』の何がおかしいのかわからない?」…あれ? これって関西の人しか解らないのかな?

ちなみに、今日、福を授けてくれた福娘のは、色白で目の青い方(ハーフ?)でしたが、とても可愛らしい方でいっぱい福をもらえた気持ちになりました~

(個人facebookより)

1月11日。鏡開き。

 

 

 

 

 

 

 

 

1月11日。鏡開き。

弊社では、毎年、鏡開きの日には、会長である母がぜんざいをつくってくれて、会社の皆で頂く。

創業者である亡くなった父が会社をやっていた頃…僕が物心ついた幼少の頃(40年くらい前?)から続いているように思う。
その頃は、母の母である僕のおばあちゃんがつくってたっけ…。
総務の女の子が「社長、ぜんざい食べますか?」と声をかけてくれ、昔を思い出しながら食べた。

僕がこの会社に入った頃からは、せっかくつくってくれても「ぜんざいキライ!」と言って食べない人も多く、僕が5〜6杯くらい食べることもある。
「会長にも悪いし、もうやめてもいいのでは?」…と言う声もあるが、これが無くなるのは寂しいので、明日もがんばって食べよう。

母がうちの家族用にも用意してくれた。
小学1年生の長男が、アンコ大好きだからだ。
僕は家に帰っても、食べることになるが嫌な気はしない。

何て言うか、この会社にいるとこう言う瞬間に「とても有難いなぁ」…と実感する。

おっと!…仕事しなきゃ!
(・_・;

2013年 今年もよろしくお願いします!

皆様、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

株式会社コンパス及び親会社である株式会社近畿総合装飾は、本日、1月5日が初出となります。今日は、朝一番から幹部ミーティングを行い、その後、全社朝礼を行い、地元の豊中稲荷神社で安全祈願をしてきました。

 

地元の稲荷神社での安全祈願は毎年恒例です。
とても寒い中、社員一同で一年の安全を祈願します。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性社員達はおみくじをひいて、毎年のようにキャッキャ言っていますが、こう言うことで一喜一憂できるのは、羨ましい… (^_^;

安全祈願のあとは皆で記念撮影です。本日から現場に入っている社員、病欠の社員、シャッターを押している社員(設計課の石井さんです)は写っていませんが、コンパスとグループ会社の近畿総合装飾はこう言う面々でお仕事をしております。

 

 

 

 

 

 

安全祈願のあとは、皆で創業者(私と専務の父)のお墓参りです。

寒い中、毎年、皆さん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

今年の始まりの全社朝礼で、私は先ずは年のはじめに下記のことに感謝して新しい仕事をはじめましょうと言うお話をさせて頂きました。

① 社員そしてその家族が健康で幸せで新年を迎えることができていること。

② 近畿総合装飾・コンパスが、今年も皆さんのおかげで存続できていると言うこと。

③ 私達の会社を支えてくれているお客様や地域、国や世界があると言うこと。

この三つに感謝し、今年一年も皆で社会に貢献できるような働きを行い、来年も再来年も、そして永続的に新年を迎えられる会社になれるように、今年も一年、社員一同で精一杯頑張ろうと思います。

今年もよろしくお願いします!